みんなでゴールをイメージしよう!「ブラインドスクエア」

ブラインドスクエアとは、目隠し状態になったメンバー全員でロープを手に持ち、正方形をつくるゲームです。

「ブラインドスクエア」とは?

ブラインドスクエアとは、目隠し状態になったメンバー全員でロープを手に持ち、正方形をつくるゲームです。ポイントは、参加者全員が目隠し状態であるということと、このアクティビティのゴールがチームリーダーである一人にしか伝えられていないということです。

概要

効果
リスク管理能力
問題解決力
交渉力
発想力
リーダーシップ
モチベーション
コミュニケーション
目標達成力
対象年齢
幼稚園・保育園
小学校
中学校
高校
大学
社会人
高齢者
人数
15〜30名(1チーム 4-8名)
詳しい役割
場所
社内
社外
野外  
おすすめのビジネス研修
新人研修
マネージャー研修
リーダー研修
役員・幹部研修
営業研修
マーケティング研修
時間
1-3時間
半日以上 ×
1日 ×
2日 ×
活用シーン
卒業式
設立・創立記念
社員研修
社内旅行
予算
500円〜
内訳
依頼費
5万円〜
詳細

効果

リスク管理能力 リーダーシップ
問題解決力 モチベーション
交渉力 コミュニケーション
発想力 目標達成力

対象年齢

幼稚園・保育園 大学
小学校 社会人
中学校 高齢者
高校

人数

15〜30名(1チーム 4-8名)
詳しい役割

場所

社内 社外 野外

おすすめのビジネス研修

新人研修 リーダー研修 営業研修
マネージャー研修 役員・幹部研修 マーケティング研修

時間

1-3時間 1日 ×
半日以上 × 2日 ×

活用シーン

卒業式 社員研修
設立・創立記念 社内旅行

予算

500円〜
内訳

依頼費

5万円〜
詳細


「ブラインドスクエア」のやり方

出典:http://e-ec.co.jp/blog/activity-9/

《準備するもの》

・1チームあたりロープ1本(長さは、つくりたい四角形の大きさに合わせてください)
・人数分の目隠し(タオルやバンダナなど)

1)手順1

ロープを地面に置き、ロープを囲むようにチームメンバーで円形になります。

2)手順2

内側を向いた状態で目隠しをします。

3)手順3

レフェリーがスタートの合図をしたあと、メンバーで正方形をつくります。
声をかけあいながら、正方形ができたと思ったら地面にロープをおいてください。
制限時間は10分から20分に設定するのがおすすめです。

なお、ルールは以下の通りです。
・両手でロープを持つこと
・スタート後は持った両手をずらすことができるが離すことはできない
・できたと思ったら、レフェリーに伝えロープを地面に置く
・複数のチームで実施する場合は互いのチームが3メートル程度離れた状態からスタートする(接触や危険防止のため)

ワンポイントアドバイス!

▶︎目隠し状態で試されるのはコミュニケーション能力

普段は目隠しをすることはあまりありませんよね。
そのため、「普段自分が人とどう接しているか」がわかるのがこのアクティビティの魅力の一つです。
自分だけが動いても、人に任せすぎても、きれいな正方形は完成しません。

メンバー同士が、ゴールの形をイメージし、声を掛け合って連携ことが大切です。

まとめ

目隠しをしながらコミュニケーションを取るという状況をつくることで、チーム間での情報共有、わかりやすい指示の大切さなどを学ぶことができます。

「お題の形は一人だけにしか伝えない」「人数が少ない場合は三角形、多い場合は五角形」などのアレンジを加えてもおもしろいかもしれません。

関連記事

  1. 手を繋いで体を動かそう!「リバースアクション」

  2. 太鼓を叩いてチームに調和を生み出そう!「ドラミング」

  3. 仲間を信じる力が試される!「トラストフォール」