簡単で楽しい!「ヘリウムリング」

現場ですぐ使える手順シートを表示する
(プリントアウトしてお使いください)

「ヘリウムリング」とは?

「ヘリウムリング」とは、フラフープを人差し指に乗せて、離れないように、フラフープを下げる、というとてもシンプルなルールです。

概要

効果
リスク管理能力
問題解決力
交渉力
発想力
リーダーシップ
モチベーション
コミュニケーション
目標達成力
対象年齢
幼稚園・保育園
小学校
中学校
高校
大学
社会人
高齢者
人数
1チーム 7-10名
詳しい役割
場所
社内
社外
野外
おすすめのビジネス研修
新人研修
マネージャー研修
リーダー研修
役員・幹部研修
営業研修
マーケティング研修
時間
1-3時間
半日以上 ×
1日 ×
2日 ×
活用シーン
卒業式
設立・創立記念
社員研修
社内旅行
予算
200円
内訳
依頼費
※ご依頼は承っておりません。

効果

リスク管理能力 リーダーシップ
問題解決力 モチベーション
交渉力 コミュニケーション
発想力 目標達成力

対象年齢

幼稚園・保育園 大学
小学校 社会人
中学校 高齢者
高校

人数

6〜50名(1チーム 6-10名)
詳しい役割

場所

社内 社外 野外

おすすめのビジネス研修

新人研修 リーダー研修 営業研修
マネージャー研修 役員・幹部研修 マーケティング研修

時間

1-3時間 1日 ×
半日以上 × 2日 ×

活用シーン

卒業式 社員研修
設立・創立記念 社内旅行

予算

200円〜
内訳

依頼費

〜制作中〜


「ヘリウムリング」のやり方

出典:ネイチャーゲーム

1)手順1

フラフープを真ん中に置き、メンバーでフラフープを囲みます

2)手順2

利き手の人差し指の第一関節に乗せるようにフラフープを持ち上げます

*メンバーの身長は異なるため、適度な高さで保ちます

3)手順3

一定の高さまで持ってこられたら、ゲームスタート!

地面にフラフープを着地させられたらゴールです

*指が離れてしまったり、第一関節以外の部分でフラフープを触れてしまった場合は最初お高さまで戻します

*制限時間は5分(5分×3セットがおすすめです)

ワンポイントアドバイス!

▷シンプルだけど難しい!

とてもシンプルなルールで、簡単そうに感じると思います。
ですが、チームビルディングの王道ゲームとも呼ばれる「ヘリウムリング」は実際にやってみることでその難しさがわかるでしょう。

人数が多いほど、フラフープに重みを感じることができなくなり、フープを無意識に上げてしまいます。

また、ヘリウムリングを実施すると以下のことが起こります。(株式会社ハートクエイクより)

・全員がフラフープから指を離すまいとして、くっつける意識が高くなる
・その結果、フラフープは下に下がるどころか、逆に、上に上がってしまう
・リーダー役が現れ、「せーの」で下げようと言い出す
・それぞれの下げるスピードが合わず、うまくいかない
・うまくいかないので、チームにやや混乱が生まれる
・サブリーダーが現れ、リーダーが掛け声を、サブリーダーが状況把握を担う
・チーム内にルール(ぽいもの)が生まれ、ゴールが見え出す
・経験から学び、ゴールできる(or タイムオーバー)

まとめ

ファシリテーター1人が、指が離れてしまうのを全部見れないことがあります。参加者にも自己申告してもらえるよう声掛けをすると良いと思います。
人数が8人未満の場合は、両手で行うと良いです。難易度が上がります。

ファシリテーターの方は実際に実施している様子を見て気になったことをメモしておきましょう。

現場ですぐ使える手順シートを表示する
(プリントアウトしてお使いください)

関連記事

  1. チームビルディングの王道ゲーム!「マシュマロチャレンジ」

  2. 初対面同士でのチームビルディングに最適!「共通点探し」

  3. レゴを使って大人も学べる!「レゴシリアスプレイ®」

  4. アイスブレイクにも活用できる!「グーパーゲーム」

  5. 大企業から中小企業まで300社以上が導入「The 商社」|株式会社プロジェクトデザイン

  6. みんなで遭難!?「NASAゲーム」

  7. 新聞紙を活用してチームビルディング!「新聞紙タワー」

  8. 仲間を信じる力が試される!「トラストフォール」

  9. 手を繋いで体を動かそう!「リバースアクション」